横浜銀行の口座をもっていれば最短即日融資の横浜銀行カードローンも地域制限がある

 

横浜銀行カードローンは、来店不要で手続きができるうえ、最短で即日審査、横浜銀行の口座を持っていれば最短即日融資を受けることができるようになっています。


 

目次

  • 横浜銀行カードローンのスペック
  • 横浜銀行カードローンの借入方法
  • 横浜銀行カードローンの返済方法と返済額

一般的には銀行カードローンは即日審査はできても即日融資が難しいというイメージがありますが、横浜銀行カードローンの利用についてはその限りではないということでしょう。

横浜銀行カードローンのスペック

名称 金利 借入限度額 保証会社
横浜銀行カードローン 1.9%〜14.6% 10万円〜1000万円 SMBCコンシューマファイナンス株式会社

 

横浜銀行カードローンでは、審査結果の回答は申し込んだその日のうちに受け取ることができますが、横浜銀行の口座を既に持っており平日昼ごろまでに契約完了しないと即日融資は可能にはなりません


既に持っている横浜銀行の口座なら、上記の条件で借入金を振り込んでもらうことで最短即日融資を受けることが可能です。またその口座を返済用口座として設定することができます。

 

カードローンの利用については、別途専用のローンカードが発行され郵送されてきます。横浜銀行カードローンは横浜銀行内に口座をもっていなくてもこのローンカードを利用することで借入などの取引が可能ですが、地域制限があるので横浜周辺に住んでいる、勤務している方しか申込む事はできません

最短翌日融資可能な他の銀行カードローンと比較
申込 即日カード発行 最短翌日振込可能な口座 金利 借入可能額
スルガ銀行リザーブドプラン × どの銀行口座でも可能 年3.9%〜14.9% 最高30万円
横浜銀行カードローンの金利表
借入限度額 金利
100万円以下年14.6%
100万円超200万円以下年11.8%
200万円超300万円以下年8.8%
300万円超400万円以下年6.8%
400万円超500万円以下年4.8%
500万円超600万円以下年4.5%
600万円超700万円以下年4.0%
700万円超800万円以下年3.5%
800万円超900万円以下年3.0%
900万円超1,000万円未満年2.5%
1,000万円年1.9%

横浜銀行カードローンでは、最低金利が1.9%とかなり低く、この点は銀行カードローンの中でも高額借入は低金利といえますが、1,000万円という借入額は現実的ではありません。その反面、上限金利は14.6%という利率設定ですので銀行カードローンとしては標準の金利になります。上限金利だけみれば平均的な数値ではありますが、下限金利が低いことから全体的に低金利で利用できるイメージは強くなっています。

横浜銀行カードローンの申し込み資格
年齢制限 地域制限 専業主婦 年金受給者 学生 パート・アルバイト
20歳以上69歳未満 神奈川県・東京都内の全域および
群馬県前橋市・高崎市・桐生市に居住地または勤務地がある人
×

横浜銀行カードローンでは、東京都と神奈川県を中心としたエリアで生活圏がある人を融資対象としていますので、それ以外の地域の方は申込む事はできません。低金利で利用することができるものの、このエリア以内に住んでいなければ利用できないというデメリットはあります。

 

横浜銀行カードローンでは300万円までの融資であれば収入証明書を用意することなくお金を借りることができます。基本的には横浜銀行カードローンでは、安定した収入がある人が対象となっていますが、

 

 

配偶者に安定した収入があれば専業主婦の人でも利用することができます。


この点は他の銀行カードローンと同じイメージで利用することができるでしょう。低金利で利用することができる横浜銀行カードローンですが、さすがに初めて利用する人にとっては上限金利からスタートする場合がほとんどです。横浜銀行の上限金利は14.6%と銀行カードローンの中では平均的な利率設定となっています。

横浜銀行カードローンの借入方法

借入方式は当座借越で、ローン口座に借入残高がたまっていく仕組みになっています。借入方法はATMによる借入のみです。利用できるATMは、

 

 


をはじめ、前項区の提携銀行・信用金庫などの金融機関ATMでも借入可能です。ただし、ATM所定の手数料が掛かってきます。

横浜銀行カードローンの返済方法と返済額

横浜銀行カードローンの返済方法は、基本指定口座からの自動引き落としになります。引き落とし金額は残高によって変動するスライド式の為、下記の表の通り引き落とされます。定例返済日は毎月10日(10日横浜銀行の休業日には翌営業日)になっており、選択することはできません。

前月の定例返済後の借入残高※1 定例返済額 前月の定例返済後の借入残高※1 定例返済額
2千円以下前月の定例返済後の借入残高※1※2300万円超350万円以下40,000円
2千円超10万円以下2,000円350万円超400万円以下45,000円
10万円超20万円以下4,000円400万円超450万円以下50,000円
20万円超30万円以下6,000円450万円超500万円以下55,000円
30万円超40万円以下8,000円500万円超600万円以下60,000円
40万円超50万円以下10,000円600万円超700万円以下65,000円
50万円超100万円以下15,000円700万円超800万円以下70,000円
100万円超150万円以下20,000円800万円超900万円以下75,000円
150万円超200万円以下25,000円900万円超1,000万円以下80,000円
200万円超250万円以下30,000円1,000万円超85,000円
250万円超300万円以下35,000円

※1 前月の定例返済日にお借入残高があり、かつ定例返済がない場合は前月の定例返済日の借入残高とします。
※2 2千円を上限として前日までの利息を含みます。

 

最低返済額は2000円〜となっていますが、これは借入残高が2,000円以上100,000円以下の場合に適用される金額で、それ以降は借入残高ごとに上がっていきます。10万円以内の融資であれば毎月2,000円の返済というのは他の銀行を含めたカードローン全体でみても低い金額設定といえます。

即日融資可能な銀行カードローン検索
即日融資可能な銀行カードローン
どうしても今日借りたいと言う方は即日融資の可能性の高いこちらのカードローン
専業主婦でも即日融資可能な銀行カードローン
ゆうちょ銀行の即日融資情報はこちら

カードローン絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関

横浜銀行の口座をもっていれば最短即日融資の横浜銀行カードローンも地域制限がある関連ページ

常陽銀行カードローンのキャッシュピットは口座を持っていれば最短即日融資可能
北海道在住で北洋銀行口座があれば最短即日融資可能なカードローンスーパーアルカ
みずほ銀行カードローンはキャッシュカードのローン機能の反映を待って最短即日融資可能
千葉銀行のちばぎんカードローンは最短即日融資可能だか条件はかなり厳しい
イオン銀行カードローンは最短即日融資可能でも振込融資できないのが盲点
ソニー銀行カードローンは既にソニー銀行の口座を持っていれば最短即日融資可能
群馬銀行のカードローン『ナイスサポートカード』は群馬銀行の口座を持っていれば最短即日融資可能な全国対応のカードローン
最短即日融資が不可能になった住信SBIネット銀行のMR.カードローンは使えるカードローンなのか?
ジャパンネット銀行のカードローンネットキャッシングは平日のみ即日融資の可能性がある
七十七銀行の77スマートネクストは最短即日融資可能だが地域と口座に制限がありなかなか厳しい
北陸銀行のカードローンのスーパーNOWは自行口座を持っていても即日融資は厳しい?
全国から申込可能で本人確認の取れた十六銀行の口座であればQ-LOANは最短即日融資可能
中国銀行カードローンのコ・レ・カでは窓口にて最短即日融資が可能
新潟在住者で第四銀行の口座を持っていてもカードローンの解決スピーディーでの即日融資は厳しい
長崎の十八銀行の十八銀行カードローンは最短即日融資可能だが旧称の一部しか申し込みができない
但馬銀行のカードローンは最短即日融資可能だが兵庫県・大阪府・京都府以外からの申込はできない
伊予銀行のいよぎん新スピードカードローンは最短即日融資に長けているが営業エリア内しか申込めない
肥後銀行のWEBカードローンは口座を持っていてカード機能即日反映で最短即日融資可能
小額借入のみに絞ったセブン銀行カードローンは口座を持っていれば最短即日融資可能