最短即日融資が不可能になった住信SBIネット銀行のMR.カードローンは使えるカードローンなのか?

 

既に住信SBIネット銀行の口座を持っている方であれば最短即日融資可能なMR.カードローン『プレミアムコース』ですが審査は非常に厳しいものとなっています。


 

目次

  • MR.カードローンのスペック
  • MR.カードローンの借入方法
  • MR.カードローンの返済方法と返済額

MR.カードローンのスペック

名称 金利 借入可能額 保証会社
MR.カードローン 年0.99〜14.79% 最高1,200万円 SMBCコンシューマファイナンス株式会社
住信SBIネット銀カード株式会社

MR.カードローン『プレミアムコース』では既に住信SBIネット銀行の口座を持っている方に限り、最短で即日融資が可能になっていますが、審査は非常に厳しいと考えられます。

 

 

MR.カードローンは『プレミアムコース』の他に『スタンダードコース』というコースがあり、金利も借入可能額も全く異なります。


『スタンダードコース』の場合は金利が年8.99〜14.79%で借入可能額については10万円〜300万円迄になっています。但し、両コースを申込者自身で選択することはできません。

 

従って超低金利といわれる『プレミアムコース』で即日融資を受けるには最低でも『スタンダードコース』の限度額である300万円以上の審査に通過するだけの与信が必要だということです。ましてや申込者自身で選択する余地がありませんので

 

 

住信SBIネット銀行の口座を持っている場合、MR.カードローンは最短即日融資は可能ですが『プレミアムコース』の金利が適用されるとは限りません。


普通の与信の方では審査に通過しても『スタンダードコース』の金利が適用される可能性のほうが高いということです。なので住信SBIネット銀行の口座を持っているからといって『プレミアムコース』での最短即日融資には期待を持たないほうがいいかもしまれせん。

 

また、審査時間ついても最短60分で仮審査完了と謳っていますので一見、早いようにも思えますが逆に仮審査に60分も要する事を考えると、かなり慎重に審査されているとも考えられます。

最短即日融資可能な大手消費者金融のカードローン
申込 融資スピード 金利 借入可能額 即日融資の方法
プロミス 最短1時間 年4.5%〜17.8% 最高500万円 即日振込※1各金融機関へ可能)と即日カード発行
プロミスレディース 最短1時間 年4.5%〜17.8% 最高500万円 即日振込※1各金融機関へ可能)と即日カード発行
アコム 最短1時間 年3.0%〜18.0% 最高800万円 即日振込※1各金融機関へ可能)と即日カード発行
SMBCモビット 最短当日 年3.0%〜18.0% 最高800万円 即日振込※2(各金融機関へ可能)とSMBCモビットローン申込機での即日カード発行

※1 平日14:00までにオンライン契約完了で可能
※2 平日14:50までにオンライン契約後振込手続き完了で可能。申込の曜日・時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

MR.カードローンの金利表
借入枠 金利
10万円以上〜100万円以下年7.39%年〜7.99%
100万円超〜200万円以下年5.79%〜6.99%
200万円超〜300万円以下年4.69%〜5.99%
300万円超〜500万円以下年4.39%〜年4.99%
500万円超〜700万円以下年3.39%〜年3.99%
700万円超〜900万円以下年2.39%〜年2.99%
900万円超〜1,000万円以下年1.89%〜年2.49%
1,000万円超〜1,100万円以下年1.79%〜年2.39%
1,100万円超〜1,200万円以下年0.99%〜年1.59%

※ スマートフォンでは表をスライドしてご覧いただけます
※ 2017年5月1日現在の適用金利
※ 金利優遇条件はSBI 証券口座保有登録済若しくは住信SBIネット銀行住宅ローン(フラット35は除外)若しくは三井住友信託銀行のネット専用住宅ローンの残高があること

 

MR.カードローン『プレミアムコース』の金利については前述の通り銀行カードローンの中でも低金利であるといえますが、900万円〜1,200万円迄の適用金利は金利優遇適用時でなければ一律年2.49%に設定されています。

 

正直、900万円もの融資を受けれる方など殆ど稀ですので最低金利は銀行カードローンの金利を比較する上で全く意味がありません。むしろ金利比較するのであれば、上限の金利であって

 

 

MR.カードローン『プレミアムコース』の年7.99%という上限金利は他の銀行カードローンでは考えられない金利水準になっています。


ただ、仮に即日融資目的で100万円以下の金額で申込んだとしても自身で選ぶ事ができない以上、『プレミアムコース』の年7.99%の金利が必ずしも適用されるともいえません。もしも『スタンダードコース』の年14.79%の金利が適用されることになれば他の銀行カードローンと比較してもそれほど魅力のある金利ではありません。MR.カードローン『プレミアムコース』は金利から考えても、おまとめや借り換えで利用する与信の高い方向けのカードローンだといえます。

MR.カードローンの申し込み資格
年齢制限 地域制限 専業主婦 年金受給者 学生 パート・アルバイト
満20歳以上満65歳以下 なし × × ×

MR.カードローンはネット銀行である為、地域制限がない点では利便性が高いですが

 

 

専業主婦、年金受給者、学生が申込む事はできません。


通常、銀行カードローンでは専業主婦、年金受給者、学生のいずれかがNGであることは多いので全てが申込NGという銀行カードローンも珍しくはないですが、本人に与信のない方や与信の低い方の申込がNGとしている理由のひとつには審査に費やすコストの関係もありますができるだけ与信の高い方に利用してもらいたいという狙いがあるからです。

専業主婦対応の銀行カードローン
申込 金利 専業主婦借入可能額 最短翌日融資の対応
スルガ銀行リザーブドプラン 年3.9%〜14.9% 最高30万円 手持ちの口座に最短翌日振込

なのでパートやアルバイトの方の場合は申込可能になってはいますが勤続期間や収入額から『安定した収入』であるかどうかを厳しく精査されるはずですから仮審査さえ通過できない可能性は高いかもしれません。即日融資が必要であるなら尚更のこと、スピード審査に長けている消費者金融に申込んだほうが良いかもしれません。

パート・アルバイトでも安定収入があれば申込可能な大手消費者金融
申込 実質年率 借入可能額 学生の申込
プロミス 年4.5%〜17.8% 最高500万円 20歳以上で安定したアルバイト収入があれば可
プロミスレディース 年4.5%〜17.8% 最高500万円 20歳以上で安定したアルバイト収入があれば可
アコム 年3.0%〜18.0% 最高800万円 20歳以上で安定したアルバイト収入があれば可
SMBCモビット 年3.0%〜18.0% 最高800万円 20歳以上で安定したアルバイト収入があれば可

 

尚、収入証明書は原則300万円以上の借入希望金額で申込む場合に必要です。


MR.カードローンの借入方法

MR.カードローンの借入方法としては

 

 

  • ATMの利用による借入
  • MRカードローン専用サイトからの口座振替による借入

ATMの利用手数料は全て無料ですのでコンビニATMを利用するのが便利です。イオン銀行ATM、セブン銀行ATM、イーネットATM、ローソンATMなどで利用可能です。

MR.カードローンの返済方法と返済額

MR.カードローンの返済方法としては

 

 

  • 口座引落しによる返済
  • ATMの利用による返済
  • MRカードローン専用サイトからの返済

の返済が可能です。口座引落しによる返済の場合は残高スライドリボルビング返済方式となります。約定返済日は毎月5日となりますので自身で希望する日を約定返済日とはできません。また、口座引落しによる返済には住信SBIネット銀行の口座が必要になります。

 

なので即日融資に限らずMR.カードローンを利用する場合は住信SBIネット銀行の口座が必ず必要となります。住信SBIネット銀行の口座がない場合はMR.カードローンへ申込む際に同時に住信SBIネット銀行の口座開設をする必要があります。

 

また、約定返済の他に随時返済という返済がありますが、その場合はMRカードローン専用サイトへログインして随時返済を行うか、もしくはATMを利用して随時返済することができます。但し、随時返済はあくまでも追加返済ということなので約定返済日の5日がくれば通常通り口座より約定返済額が自動引落しされます。

MR.カードローンの月々の返済額
前月末時点の貸越残高返済額
残高2,000円以下前月末時点の貸越残高
残高2,000円超10万円以下2,000円
残高10万円超20万円以下4,000円
残高20万円超40万円以下6,000円
残高40万円超60万円以下8,000円
残高60万円超80万円以下11,000円
残高80万円超100万円以下15,000円
残高100万円超150万円以下20,000円
残高150万円超300万円以下25,000円
残高300万円超400万円以下30,000円
残高400万円超500万円以下40,000円
残高500万円超600万円以下50,000円
残高600万円超700万円以下60,000円
残高700万円超800万円以下70,000円
残高800万円超900万円以下75,000円
残高900万円超80,000円

※1 三井住友信託銀行の商品である『ネット専用住宅ローン』を含みますが、住信SBIネット銀行が取扱う『フラット35』および『フラット35 ミスターパッケージローン』は含まれません。
※2 住信SBIネット銀行所定のSBIカードとは、「SBIレギュラーカード」、「SBIゴールドカード」、「SBIプラチナカード」、「SBIワールドカード」を指します。なお、「ディープインパクトカード」、「NEXYZ.SBIカード」、「SBI ACミランレギュラーカード」、「スターフライヤーレギュラーカード」は、「SBIレギュラーカード」の取扱いとなります。

 

貸越残高が10万円以下になれば2,000円と返済額としても低い水準ですが約定返済だけでは完済するのにも期間を要しますので約定返済と随時返済とを併用することをおすすめします。

即日融資可能な銀行カードローン検索
即日融資可能な銀行カードローン
どうしても今日借りたいと言う方は即日融資の可能性の高いこちらのカードローン
専業主婦でも即日融資可能な銀行カードローン
ゆうちょ銀行の即日融資情報はこちら

カードローン絞り込み検索
特徴
審査時間
融資スピード
借入限度額
利用可能コンビニ
借入方法
返済方法
金融機関

最短即日融資が不可能になった住信SBIネット銀行のMR.カードローンは使えるカードローンなのか?関連ページ

常陽銀行カードローンのキャッシュピットは口座を持っていれば最短即日融資可能
横浜銀行の口座をもっていれば最短即日融資の横浜銀行カードローンも地域制限がある
北海道在住で北洋銀行口座があれば最短即日融資可能なカードローンスーパーアルカ
みずほ銀行カードローンはキャッシュカードのローン機能の反映を待って最短即日融資可能
千葉銀行のちばぎんカードローンは最短即日融資可能だか条件はかなり厳しい
イオン銀行カードローンは最短即日融資可能でも振込融資できないのが盲点
ソニー銀行カードローンは既にソニー銀行の口座を持っていれば最短即日融資可能
群馬銀行のカードローン『ナイスサポートカード』は群馬銀行の口座を持っていれば最短即日融資可能な全国対応のカードローン
ジャパンネット銀行のカードローンネットキャッシングは平日のみ即日融資の可能性がある
七十七銀行の77スマートネクストは最短即日融資可能だが地域と口座に制限がありなかなか厳しい
北陸銀行のカードローンのスーパーNOWは自行口座を持っていても即日融資は厳しい?
全国から申込可能で本人確認の取れた十六銀行の口座であればQ-LOANは最短即日融資可能
中国銀行カードローンのコ・レ・カでは窓口にて最短即日融資が可能
新潟在住者で第四銀行の口座を持っていてもカードローンの解決スピーディーでの即日融資は厳しい
長崎の十八銀行の十八銀行カードローンは最短即日融資可能だが旧称の一部しか申し込みができない
但馬銀行のカードローンは最短即日融資可能だが兵庫県・大阪府・京都府以外からの申込はできない
伊予銀行のいよぎん新スピードカードローンは最短即日融資に長けているが営業エリア内しか申込めない
肥後銀行のWEBカードローンは口座を持っていてカード機能即日反映で最短即日融資可能
小額借入のみに絞ったセブン銀行カードローンは口座を持っていれば最短即日融資可能